CASE

施工事例

施工日: 2021年8月

【業務用】高槻市 某病院様 サーミスタ補修

業務用設備工事

施工内容:大阪ガス製パナソニックGHP サーミスタ補修

施工時間:30分

型式:SGP-CH560H1N

運転時間:91,735時間

エラーコード:A10(排気温度異常)

 

GHP(ガスヒートポンプエアコン)はエンジンを動力としてコンプレッサーを駆動させる事でフロンガスを循環させ冷暖房を行っている機器となります。
また、室外機や室内機には沢山の温度センサー(サーミスタ)が取り付けられており機器運転時にはそれらの温度センサーが同時に働き快適な室内環境が保たれています。
※温度センサー(サーミスタ)とは温度変化に対し抵抗値が大きく変わる半導体を指します。
このサーミスタは温度が高くなると電気が流れやすくなり、温度が低くなると電気が流れにくくなります。
したがってサーミスタ内の電気の流れを見る事で温度を知る事ができる部品なのです。

今回はこの温度センサーに関する修理事例をご紹介致します。
高槻市某病院様よりエラー「A10」(排気温度異常)が発生し機器が停止しているとの事で出動いたしました。
この排気温度異常とは室外機内に搭載されたエンジンから排出される排気温度が異常に上昇するとエンジン及び他部品の保護の為に機器を停止させるエラーとなります。
訪問後、機器をリセットし再稼働させましたが排気温度の上昇は見受けられませんでしたので、異常発生時のデータより排気温度の状態を確認した所、エンジン停止中にも関わらずセンサーの温度値が急激に上昇しているのが確認できました。
センサー自体の故障と特定し部品のチェックをしましたがセンサーの配線部分において被覆の劣化によるショート(短絡)が発生している箇所を発見しました。
このショートによる影響で抵抗値が正常な値から増大し、その結果異常高温を検出してしまったのが原因でありました。
直ぐに配線を補修し機器を復旧する事が出来、お客様より「もうすぐで更新を考えていたので修理部品の費用がどれくらいかかるか心配してました。補修だけで直してくれてありがとう」とのお言葉を頂きました。

今回のケースでは配線補修にて対応しましたが、お客様がご要望でありましたら新品部品への交換の対応も喜んでさせて頂きます。
株式会社ミヨシテックのサービスマンはお客様のニーズに合わせたベストなご提案をさせて頂いております。
GHPの修理でお困りの際は是非ミヨシテックまでご連絡下さい!!

配線不良個所配線不良個所

 

配線補修後配線補修後

設備管理責任者様!業務用ガスヒートポンプのメンテナンスはミヨシテックにご依頼ください。
メンテ会社が不明という方、修理をどこで頼んだらいいかとお考えの方、「住まいのおたすけ隊 ミヨシテック 寝屋川」ではどこに相談したら良いかわからない事を全てお応えいたします!
業務コストを削減したい等々設備管理責任者様・ご担当者様の強い味方です。

学校・保育所・幼稚園の工事も施工事例多数です。
業務用空調は事務所・工場・学校・病院・老人福祉施設・公共工事の実績多数です。是非ご検討下さい。

業務用その他施工事例はこちら!>>

お電話またはメールにてお問合せください!
折返しご連絡させて頂きます。

お電話でのご相談 0120-060-344 受付時間/8:30〜17:30
定休日/日曜・祝日