CASE

施工事例

施工日: 2021年2月10日

【業務用】某障がい者支援センター様 室外機制御トランス交換

業務用設備工事

施工内容:大阪ガス製 アイシンGHP 20馬力 室外機制御トランス交換

施工時間:約15分

型式:TGMP450B2N

運転時間:24,024時間

エラーコード:E5(室内機-室外機間通信異常)

 

GHP(ガスヒートポンプ)エアコンは都市ガスやプロパンガス等のガスを燃料としてエンジンを起動させ、その動力によりコンプレッサーを駆動し冷暖房する空調設備となります。
ガスによりエンジンが起動すると記載させて頂いておりますが、エンジンは単体では動くことが出来ません。
エンジンの起動には車やバイクなどと同様にセルモーターが必要になってきます。
従来のGHPでは機器の起動のために200Vの電源が必要になります。今回はこの電源関係の不具合をご紹介致します。

エラーコード「E5」(室内機ー室外機間通信異常)
これは主に落雷等による停電で室外機のブレーカーが落ちてしまった際に発生するエラーとなります。(通常室外機と室内機は通信線により常に通信しています。電源が落ちてしまうとこの通信が途切れてしまうため機器がエラーを発報し停止してしまいます。)

訪問時、室外機電装ボックス内のブレーカーを確認しましたが通電状態でしたので室外機電装部品の不具合と判断し室外機のチェックをいたしました。
室外機には各種のプリント基板が取り付けられており基板上には通電している事を示すダイオード等がありますが、すべて消灯している状態でした。
ここで考えられる要因として基板本体の不良、基板に出力するその他電装品の不良が考えられます。今回は基板動作用の制御トランスの内部不良により正常な電圧が供給されず基板が動作しない為にエラーが発生しておりました。
トランス自体には特にショートなどが発生した跡は見受けられませんでしたが、電装品の不具合となりますので安全のために先方様に電源をオフにしておく事を了承して頂き、また早急な対応をご希望されましたので部品発注と修理お見積りの提出を致しました。

部品入荷後直ちに再訪問させて頂き作業は完了いたしております。作業時間は15分程度で終了し、またトランスのみの交換で済みましたので費用も比較的安く抑えられ、お客様にも大変喜んで頂く事ができました。
今回のケースでは電装品の劣化によりエラーが発生しておりましたが、不良部品がない場合においても災害時等の大規模停電の際には空調が使用できなくなってしまいます。
しかし現在では各メーカーより停電時対応のGHPがラインナップされています。

弊社におきましては停電時対応のGHPを含め様々な空調設備の施工しております。
ご要望がありましたらお気軽にご相談ください。

施工前制御トランス交換前

 

施工後
制御トランス交換後

 

新旧比較
制御トランス比較

 

 

 

設備管理責任者様!業務用ガスヒートポンプのメンテナンスはミヨシテックにご依頼ください。
メンテ会社が不明という方、修理をどこで頼んだらいいかとお考えの方、「住まいのおたすけ隊 ミヨシテック 寝屋川」ではどこに相談したら良いかわからない事を全てお応えいたします!
業務コストを削減したい等々設備管理責任者様・ご担当者様の強い味方です。

学校・保育所・幼稚園の工事も施工事例多数です。
業務用空調は事務所・工場・学校・病院・老人福祉施設・公共工事の実績多数です。是非ご検討下さい。

業務用その他施工事例はこちら!>>

お電話またはメールにてお問合せください!
折返しご連絡させて頂きます。

お電話でのご相談 0120-060-344 受付時間/8:30〜17:30
定休日/日曜・祝日